• HOME
  • 商品一覧
  • お支払・送料
  • 会社概要
  • 卸し・仕入れ窓口
  • ご利用ガイド
  • ご利用ガイド

ねぎ鯖へのこだわり

太平洋岸に隣接した当社が大手水産会社との取引より水産缶詰の製造を始めてから、50年以上が過ぎました。 地元波崎やお隣の千葉県銚子周辺沖は暖流系の黒潮と寒流系の親潮が交差する場所で、鯖(さば)や鰮(いわし)等の全国有数の漁場です。

私達の会社は、缶詰工場の他に冷凍工場もあるため、毎日市場に行き、状況に応じて様々な用途の魚を買い付け、冷凍処理・販売も行っています。買い付けをしている中で、魚質が良いために市場での入札価格が高く、落札しても缶詰原料に出来ずに魚市場やスーパーなどの鮮魚小売向けや、鯖の高級加工品向けに販売している場合が多々あります。「こんな良い鯖を使って缶詰を製造したら本当に美味しいものが出来るだろうなあ・・・」と私達は常々、思っていました。

そんな思いが積もり積もって、ついに自社ブランドの缶詰の開発を開始しました。旬の時期の本当に良い鯖を原料にして、長年培ってきた技術を活かして製造した缶詰にやまめ高木商店の名前を入れて世に送り出したいと思い開発を進めていました。そして、ついに完成したのが「ねぎ鯖」シリーズです。


「やるからには本当に美味しいものをつくりたい。」このコンセプトをもとに高木商店独自の缶詰の開発を始めました。まず、原料となる鯖は自社が魚市場で買い付けしたもので今期一番脂ののったものを使用することにしました。担当者が毎日毎日、 市場に水揚げされる鯖を見続けて良い魚を選びました。


使用する缶は、当初の試作段階では丸い缶で試作していましたが、食べきりサイズを考慮し、四角い缶(内容総量100g)に変更しました。さらに、原材料でもう一工夫できないかと思案し、地元茨城県の野菜で色々試作を繰り返していましたが、長ねぎと鯖の相性が抜群に良く、このアイディアを採用しました。


ねぎはつくば産のねぎにすることにしました。農家の方にお願いして使う分だけを、直接送っていただくことにしました。味付けは、鯖と長ねぎの本来の旨味・風味を活かしつつ、化学調味料を一切使用しないことを条件に据え、試作に試作を重ね、ついに醤油だれ、続いて塩だれを完成させました。配合に手間取った味噌は少し遅れての完成となりました。どの味付も、それぞれ風味豊かな味わいに仕上がっています。ご購入していただいたお客様からは、「缶詰とは思えない味わい」とお褒めの言葉を多数頂いています。また、ねぎ鯖醤油だれは平成19年度茨城県水産製品品評会で県知事賞を受賞しました。水産缶詰製造を始めて50年以上になる当社が自信を持ってお送りする初の自社ブランドの缶詰です。是非、ご賞味下さい。

略歴
ねぎ鯖醤油だれが県知事賞受賞
茨城県名産品の証 うまいもんどころ認定商品
第四回アンテナショップフェスティバル発掘お宝グランプリ


現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら

ログイン

カレンダー

2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※赤字は休業日です

カレンダー